« 松浦正敬さん松江市長に当選 おめでとうございます | トップページ | 花一輪の美しさ »

公共放送NHKが開票もしないのに当確を出すのはフライングではないですか

松江市長選挙も終わりました。公共放送のNHKがまだ開票もされていないのに当確を出すのは「早く報道」という気持ちは分からないでもないですが、市民が4年間の希望を託して午後8時まで投票行動をし、その結果を非常に関心を持って見ているのに水を差すようであり、遺憾であります。マスコミの横暴といわれても仕方がないと思います。ましてやNHKは国民の皆さんから浄財を得て運営されているのです。公共放送として情報を早くというのとそれによって市民の気持ちはどうなのかということを今一度考えるべきと思います。その後の開票をを見れば、誰も心配したり、肝を冷やしたりでNHKに翻弄されたのではないですか。少なくとも開票率30%ぐらいまでは様子を見るのが良いのではありませんか。島根にも嫌な思い出があります。それは昭和46年の知事選挙です。

|

« 松浦正敬さん松江市長に当選 おめでとうございます | トップページ | 花一輪の美しさ »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

開票率0%の時点での当確はよほどの大差の結果なら納得です。
しかし40%の批判票があった事を考えると早めに当確を出して現職の圧勝を
印象つける為のやらせを感じました。
この上は選挙管理委員長の名前でマスコミ各社に自制を促すべきではないでしょうか  景山先生の意見に大賛成です

投稿: 松謙 | 2009年4月20日 (月) 20時24分

コメントありがとうございます。

投稿: 景山俊太郎 | 2009年4月20日 (月) 23時12分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/517932/44729056

この記事へのトラックバック一覧です: 公共放送NHKが開票もしないのに当確を出すのはフライングではないですか:

« 松浦正敬さん松江市長に当選 おめでとうございます | トップページ | 花一輪の美しさ »