« 端午の節句が近づいてきました。歴史の変遷は興味あるものです | トップページ | 健康で文化的な最低限度の中身 »

「ハイヌーン・島根」創立18周年記念 曽田早苗会長ありがとうございます

Img_2135 Img_2136 Img_2137 Img_2138

ハイヌーン・島根の18周年記念式をお迎えになりこれまでのご功績に心から敬意を払いこれからのご活躍を期待したいと思います。隠岐出身の山本厚生先生が記念講演をされました。家族の大切さ、ものづくりの大切さ、今の世の中は極端なもうけ優先主義がある等についてお話がありました。そして一番おもしろかったのは山本先生が考えられた紙のひと裁ちおりを披露していただき、我々も少し実践したことです。上の右側の写真の後ろに写っているアルファベットの文字はすべて折り紙をいろいろに折って最後にはさみを一回だけ使ってできたものです。下の写真は教えて頂いて紙を3回おり最後にはさみをひと裁ち入れてできたハートマークと矢印です。アルファベットのSの字をひと裁ちでできるようになるのに4年の歳月の経過があったそうです。ひと裁ちおりは紙を折り、最後にはさみをひと裁ち入れる時本当に思う形になるかというときの期待感、成功した時の満足感は何ともいえず、お年寄りの活性化にはとても良い訓練になるようです。いろいろと社会貢献される会長の曽田早苗先生のご活躍をお祈りします。

|

« 端午の節句が近づいてきました。歴史の変遷は興味あるものです | トップページ | 健康で文化的な最低限度の中身 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/517932/44797738

この記事へのトラックバック一覧です: 「ハイヌーン・島根」創立18周年記念 曽田早苗会長ありがとうございます:

« 端午の節句が近づいてきました。歴史の変遷は興味あるものです | トップページ | 健康で文化的な最低限度の中身 »