« 竹下登先生の誕生日 2月26日 | トップページ | 平成研究会政経セミナー »

未知の島 八重山諸島を訪れて

Img_1742 Img_1755 

Img_1778 Img_1782

日本の最南端八重山諸島の石垣島、竹富島、西表島、由布島、宮古島、池間島、来間島、伊良部島、下地島を訪れました。どの島にいってもたくさんの人が訪れているのには驚きました。各島とも観光に力を注ぎ、サトウキビやもずく栽培等の農水産業振興を図っています。若い人が第一線で働いているのが目立ちました。沖縄県は日本に復帰して以来人口が増加しています。何と言っても環境を守り、自然を大切にしていることには感動しました。例えば竹富島は昔のままの街並みを保存し、地道であり、水牛車で街を案内してくれます。水牛ですから糞尿の問題がありますが、案内する人がそのつど必ず水牛車を止めて、道に残らないようにきれいに掃除をします。西表島は東洋のアマゾンといわれ90%が亜熱帯の原生林でおおわれています。マングローブの林が世界でも有数といわれるほどの規模で保存されています。イリオモテヤマネコをはじめ貴重な動植物が数多く生息しています。島々の周りはサンゴ礁に囲まれ、海はどこまでも透明であり、グラスボートで海の中をのぞけばさまざまな種類のサンゴが見られ色とりどりの魚が蝶のごとく泳ぎまわっています。亀も泳いでいました。けだし竜宮城とはこの光景かと思います。今、環境問題が世界の一番の課題ですが、訪れた島や海は環境保護が徹底してなされていました。水牛車に乗って異国情緒を味わいましたが、水牛には少し酷のように思いました。アユタヤユンタをはじめ蛇味線に合わせた沖縄の数々の歌は旅情をかもし出します。長くなりましたのでこのくらいにします。

|

« 竹下登先生の誕生日 2月26日 | トップページ | 平成研究会政経セミナー »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

沖縄の離島の島々、どの島も今では懐かしく思います。
沖縄には11年近く居ましたが、八重山諸島へは2回しか行ってません。
1回は家族旅行、もう1回は仕事でした。この時の仕事は、「黒砂糖づくり」(製品化)でした。石垣島にも自然農法の農場があり、そこでは自然農法でさとうきびを栽培しています。今では、これが石垣の黒砂糖として売店に並んでいます。今となっては懐かしい思い出のひとつですが、当時は本当に大変な思いをしました。一方、西表島は、確かに「東洋のアマゾン」であり、24歳の時に訪れたブラジルのアマゾンを懐かしく思いました。原生林ということでは、沖縄本島北部のヤンバルの原生林もお勧めのスポットですので、次回は訪れてみてください。大宜味村には、自然農法の農場もあります。そこのマンゴーは最高においしいですよ。
宮古島へは、3年間、毎月1回通いました。この時は、岡田式浄化療法の普及を図ることが仕事でした。そして、子供たちの夏休みを利用して家族旅行もしました。その時に「海」としては、「伊良部島や下地島の海が一番だね」と私たち家族の評価でした。
ついつい懐かしさのあまり長々と書いてしまいました。これにて失礼いたします。
今度、ゆっくりと土産話をお聞かせください。

投稿: K.Nakamura | 2009年3月 3日 (火) 19時40分

コメントありがとうございます。沖縄に長く滞在されていたのですね。沖縄の食事は結構太ると思います。今日からまた歩かなくてはと思います。またお会いいたします。

投稿: 景山俊太郎 | 2009年3月 3日 (火) 19時49分

先島諸島ですね。うちに宮古列島と八重山列島は日本の最西端である。由布島は知りませんけど、どっちの列島ですか。初めてですか?沖縄では本島しか行った事がありません。十年以上前だった。サトウキビを購入した時、高すぎたけど・・・食べてみて、甘い竹の味?だった。西表島は東洋のアマゾンと初めて知りました。東洋のガラパゴスは小笠原諸島です。空港がないと、大変な不便です。郵便と新聞等、なんと週に一回しか来ない。空港を開港を早目に・・・隠岐なら、新聞は松江出雲と比べて2時間遅れですか?郵便は毎日だと思います。よく知りませんけど、教えて下さい。

投稿: 田中 | 2009年3月 3日 (火) 21時26分

いつもコメントありがとうございます。いろいろご意見ありがとうございます。

投稿: 景山俊太郎 | 2009年3月 3日 (火) 21時32分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/517932/44228033

この記事へのトラックバック一覧です: 未知の島 八重山諸島を訪れて:

« 竹下登先生の誕生日 2月26日 | トップページ | 平成研究会政経セミナー »