« 2009年2月 | トップページ | 2009年4月 »

2009年3月

熱血森田健作さん千葉県知事に当選 おめでとうございます

Moritakennsaku

森田健作さんが千葉県知事に再挑戦で当選されました。おめでとうございます。私は、彼が参議院時代、委員会が同じで席が隣同士、とても親しくしていただきました。彼の質問は熱血先生そのものでした。その後大田区から衆議院議員になり活躍されました。多分若々しく、熱血そのもので頑張られると思います。

東国原宮崎県知事、橋下大阪府知事と同じタレント出身ということもあり、注目される知事として活躍されるでしょう。頑張ってください。

| | コメント (3) | トラックバック (0)

鳩山由紀夫氏の面構え

今朝サンデープロジェクトを見ました。出演されていた鳩山由紀夫氏の顔つき、態度、話されることどれをとっても一皮も剥けた感じを受けました。民主党は小沢氏の政治資金の問題で揺れていますし、当面小沢氏の代表続投ということですが、今日の鳩山氏の姿、面構えを見て民主党の権力はすでに小沢氏から鳩山氏に移行しつつあるのではないかと感じました。今日の鳩山氏の面構えを見た時、自民党も今の状況を簡単に楽観視出来ないと感じます。国民の皆さんの気持ちはやはりチェンジ志向です。私は政治家の覚悟は面構えに出ると思います。鳩山氏はこの危機により大きく飛躍されると想像します。民主党はサークルから党へと脱皮するかと思います。自民党は油断できないと思います。

戦後吉田茂氏(麻生総理の祖父)と鳩山一郎氏(鳩山由紀夫氏の祖父)の確執は有名であり、歴史は繰り返すということであるならば、鳩山由紀夫氏の天下取りがあるかもしれません。

自民党の鳩山邦夫氏の動向も目が離せません。鳩山邦夫氏は鳩山由紀夫氏の弟であり麻生総理の最大の理解者であるからです。いずれにしても三人から目が離せません。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

頓原町にある行列のできるお店を紹介します

Img_1871 Img_1870Img_1868 Img_1866 

今日から高速道路が1000円になるというので54号線も車の数が多いように感じます。先を急いで事故している車もありました。

今朝は頓原町の青空市「ぶなの里]へ搗き立てのお餅を買いに行きました。ここのお餅は粘りがあって最高においしい。それからパン屋さんの「もりどおる」に立ち寄りました。小さなお店ですが味は確かです。最後に頓原漬とそば豆腐を買いにそばでは全国展開して有名な「一福」へ行きました。 それぞれ行列のできるお店です。皆さんも54号線を通過されたら寄ってください。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

夕方から出雲に行きました。

今日は中国軟式野球連盟と島根県軟式野球連盟の共催で出雲のビッグハートで審判講習会があり開会式に行きました。今日から29日までみっちり講習が行われます。今年はWBCとか松江の開星高校の甲子園勝利など野球にとっては幸先の良いスタートでした。島根県軟式野球連盟にとっても5年先の天皇杯の全国大会開催を控え、今からしっかり準備をしなければなりません。

その後、友人数人と一緒に食事をしました。ちょうど今、出雲は市長選挙、市議会選挙を控えていますので将来の出雲や島根のことを必死に考えていました。それぞれ応援する方があるようでした。聞いている私にとって大変参考になりました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

高速道路 松江尾道線着実に進んでいます

Img_1861 Img_1863

今日は吉田木次方面で用事があり出かました。松江尾道線の工事が順調に進んでいました。三刀屋から吉田インターまでは完成にそんなに時間を要しないと思いました。また三次インターまでも4~5年で完成すると聞いています。早い完成が待たれます。新直轄という制度で国費で工事を進めていますのでより早く進み、完成すれば無料ですから利用は多いと思います。ただ気になるのは高速道路が通らない飯南町(頓原赤来)の振興策を今から考えておかなくてはなりません。飯南町は高原の町で農業に観光に素晴らしいところです。5月は牡丹祭りも開かれます。皆さんも来てください。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

野球が日本や島根の閉塞感を吹き飛ばす

2009年3月24日は野球の記念すべき日でした。ワールド・クラシック・べースボールで日本の侍ジャパンが優勝し、日本中熱気に包まれました。閉塞した経済状況を一時吹飛ばした感じです。

選抜高校野球では松江の開星高校が強豪慶応義塾を破って島根県中に今後の期待をもたらしました。頑張ってください。

景気も病気も気持ちからといいますが、なんでも気持ちの持ちようかと思います。

島根県軟式野球連盟としましてもそれぞれにお祝いを申し上げたいと思います。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

大田市で昔からの愉快な仲間と楽しい会合

今日は大田市の昔からの仲間のお誘いがあり、夕方から大田へ行きました。20年、30年のお付き合いの方々ばかりです。皆さん元気で働いていらっしゃいます。誰もが最近の厳しい情勢の中で苦労している話を聞かせて頂きました。出雲地方も大変ですが、石見地方はもっと大変なことばかりだとつくづく感じました。こういう時こそみんなで協力一致して頑張らなくてはと思いました。私もこれまでの人の繋や経験を生かしてお役にたちたいと思いました。また久しぶりに偶然竹腰市長さんとお会いしました。お元気で張り切っていらっしゃいました。ますます頑張ってほしいと心から激励しました。石見銀山、山陰高速道路などは将来へ必ずつながって行くと考えます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

桜の花開花

Img_1858_5 

何と言っても三刀屋、木次の土手の桜は日本一です。今年は二週間は早く開花しました。ちょっと早いですね。これからしばらくの間、多くの人たちでにぎわうでしょう。このブログをご覧になった方々どうか見に来てください。地域の景気浮揚にご協力ください。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

斐伊川漁業協同組合総会

Img_1854 

今日は斐伊川漁業協同組合の総会が行われました。上代義郎組合長のもと素晴らしい業績を上げられています。何ら問題もなく終わりました。私も以前組合長をさせていただいた関係で顧問をしています。自然環境を守りいろいろな事業をやり組合員のため地域のために今後も頑張らなくてはいけません。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

社会福祉法人仁寿会平成21年度理事会

社会福祉法人仁寿会の理事会がおこなわれました。知的障害者更生施設山楽園、知的障害者授産施設山光園、各グループホームの予算事業計画について審議し決定しました。厳しい経済情勢のなか当法人の財政も国の財政立て直し政策に伴い、支援費収入の削減が大きく影響していますが、先の国の制度見直しにより、サービス報酬の改定が行われる見込みとなりました。1.2%程度の増加となりました。しかし当法人運営のため職員一同いろいろな経費を削減しての涙ぐまし努力は見逃すことはできません。今年も皆で頑張って当法人の運営を行いたいと思います。社会福祉法人仁寿会を応援してください。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

フランス絵画の19世紀 島根県立美術館

Img_1847 Img_1848

今日は春分の日で国民の祝祭日でした。朝からテレビでワールド・クラシック・ベースボール日本対韓国戦を観戦しました。結果は日本が6-2で勝利しました。日本も韓国に三連敗はできないでしょう。最近面白い本に出会いませんが、何かないかと松江の本屋さんに探しに行きました。最近の本は表紙や題名の奇抜さで人の気を誘っているようです。それは通信販売に影響されるからともいわれています。いろいろ手に取ってみますがなかなか読む気になる本がありませんので、この間友達が面白いと話していた「生麦事件」吉村昭著を購入しました。薩摩、英国、幕府の思惑が複雑に絡む賠償交渉の難航を極めた明治維新にいたる6年間のダイナミックなる歴史小説です。今夜から読みだします。それから喫茶店に行きコーヒーを飲み、友人と島根県立美術館へ「フランス絵画の19世紀展」を鑑賞に行きました。新古典主義、ロマン主義、写実主義、印象主義とありますが、私は印象主義のモネ、ルノワール、シスレーなどの絵がピンときます。確かにフランスは芸術の国です。とても全部充分に鑑賞したとは言えませんのでもう一度鑑賞に訪れようと思います。

宍道湖に日が沈む時間でした。少し拡大してみるとよいと思います。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

お彼岸

Img_1844_2 

三月十七日から彼岸の入りです。三月十九日は父の命日です。父は明治四十四年四月生まれですが、亡くなってから十一年になります。今日は夕方からお墓の掃除をやり何となく気持がよくなりました。それからお花や線香をお供えし拝みました。梅の花はお墓の近くで満開です。父は彼岸に亡くなったので仏様に一番近いところでなくなったと思います。夕方から父と親しい人がお出でになったので親しく思い出話に花が咲きました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

井伊直弼と開国150年祭

Img_1835 Img_1842 

Img_1833Img_1841Img_1836_2 名古屋からの帰り、一度行ってみたいと思っていました彦根城を訪れました。新幹線で米原まで行きそこから在来線に乗り一つ目が彦根でした。井伊直弼と開国150年祭が行われていました。井伊直弼といえば第十一代藩主の十四男として生まれ、埋木舎で国学者の長野主膳と和歌を詠じ、能、狂言、茶道をたしなむ人物でありました。時代の要請により長兄の後を継ぎ藩主となり、安政五年(1858)大老に就任し開国を主張し日米通商条約に調印しました。安政の大獄でも有名ですが、万延元年(1860)三月三日、江戸城桜田門外において攘夷派に襲われ、波乱に満ちた四十六歳の生涯を閉じました。

国宝彦根城は今から四百年前の慶長九年(1604)に始まり二十年近い歳月をかけて完成しました。少し小ぶりの感じがしましたが、大変美しいお城です。天守閣から琵琶湖が広がってみえます。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

トヨタの本拠地名古屋市

Img_1826 Img_1827 

東京で経済団体の方との会合の後いつもの通り羽田から帰京するのも能がないと思い新幹線を使って帰郷する事にしました。途中私のいとこが住んでいる名古屋へよりました。いとこはT会社を退職し、夫婦で毎日悠々と前期高令者社会を送っています(奥さんはまだお若いですが)。従兄と久しぶりによもやま話をしながら奥さんの手料理で暫し子供のころに帰りました。

名古屋市はトヨタをはじめたくさんの企業がありますが、この不景気で街には活気が失われていると話していました。テレビをつけるとトヨタの労使交渉の報道がクローズアップされていました。それだけ名古屋はトヨタの影響が強いのでしょう。

駅前には巨大なビルが建っていますが、景気がよくなることを祈っているようでした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

宮古島のうえのドイツ文化村 ベルリンの壁

Img_1812 以前宮古島に行った時にベルリンの壁が展示してあるのに驚きました。昔ドイツの船が難破してその船員さんたちを島民たちが救助したのが始まりで、ドイツとの友好関係が始まりました。1989年共産主義社会が崩壊しベルリンの壁が取り除かれました。そしてその一部を宮古島に寄贈され歴史の証しとして展示してあります。この壁を巡って多くの人の命が奪われました。自由主義対共産主義の戦いは終わりを告げましたが、貧困、飢餓、民族、宗教、テロ、拉致最近では世界同時不況などいつになったら世界に本当の平和と安定が訪れるのでしょうか。ベルリンの壁は戦後世界そのものといってもよいものです。ドイツに行かなくても日本でベルリンの壁が見られます。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

㍻21年度島根県相撲連盟理事総会

平成21年度島根県相撲連盟理事総会を開催しました。昨年の事業報告、決算報告、今年の事業計画を了承しました。相撲は古代出雲が発祥の地であり、国技として日本人の心の故郷でありますが、最近は少子高齢化と他のスポーツへ魅力を感じる子供が増えて、相撲振興には苦労が絶えません。昨年は松江で中国大会を開かせていただきました。松江相撲連盟のお世話に感謝しています。

役員改選がありましたが、私は会長を引き続きやることになりました。副会長を藤田喜芳さんも引き続きやっていただきます。隠岐からも副会長に出て頂くことになりました。理事長には柳樂冶央さん、事務局長に畑富美雄さんに再度頑張っていただきことになりました。これまで副会長であった谷本忠士さんはお亡くなりになりました。哀悼の誠をささげるものです。もう一人の副会長藤原正さんは勇退されることになり誠に残念です。現役で相撲取られるころの雄姿はほれぼれとするものがありました。

今一番元気が良いのは隠岐の島町です。特に新十両に隠岐の海が誕生し、意気揚揚と思います。新十両の隠岐の海関にお祝いを送ることになりました。

いくら小さい組織といえ歴史と伝統ある相撲連盟を何とかしなくてはと思っています。皆様もよろしくお願いします。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

勝間和代さんの講演を聴きました 大田市のアステラスにて

Img_1824  Img_1821

島根県と内閣府の主催で男女の仕事と生活の調和推進セミナーが開催されました。「勝間和代が説く!競争力になるワーク・ライフ・バランスの進め方」と題して講演がありました。勝間和代さんのブログを見ると今日の島根行きがちゃんと載っています。忙しいのに旅の途中でもパソコンをやっているのですね。勝間さんはともかエネルギッシュで、迫力のある女性です。講演は機関銃のようにとてつもなく早口です。録音を取りもう一度聞こうと思います。印象に残ったのは、日本は若者が暗い国と認識している。親の世代より暮らしぶりの比較では43%が悪くなり、その子供たちの世代はさらに悪くなると答えている。その原因は少子高齢化がであり、そのためには長時間労働の解消、男女共同参画、女性の活用の仕方、終身雇用と流動性雇用の検討等ワーク・ライフ・バランスを上手に進めなくてはならないと話していました。

生きる教訓として仏教の「三毒」の勧めを話されました。妬まない、怒らない、愚痴らない。

ツキのコツは「与えて与えて与えまくること」Give and Takeの発想ではまだまだ効果が低い。一番効果があるのはGive&Give&Give&Give それくらいGiveしておくと、頼まなくても、周りの人が勝手に助けてくれる。  なるほどと思いました。

松尾副知事も挨拶されました。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

春の嵐

今日は朝から冷たい風が吹き、時折突風に変わります。春の嵐とはこのことかとヘルマン・ヘッセに聞いてみたい。人生には時として嵐が吹き、根底からなぎ倒され、どうしようもない状態がしばらく続き、しかし、その中から再び芽が出て、これまでの嵐程度では倒れないほど力強い幹へと成長していきます。ヘッセは「私の一生のうちでどん底にあった日々でもそれを捨ててしまうことは楽しかった日々のすべてを捨てるよりもつらく思われる」。と書いています。勝間和代さんによれば、毎日心がけなくてはいけないのは 読書、人に会うこと、こつこつと持続してやることといっていました。ごく普通のことですがなかなかできないことです。

明日は大田市のアステラスへ勝間和代さんのお話を聞きに行こうと思います。

昼ごろからいつも親しくしている方ですが、夫妻で遊びにいらっしゃいました。外は嵐でしたが、酒を飲んで放談をし楽しい時を過ごしました。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

島根自動車工学専門大学校卒業式

今日は10時から島根自動車専門学校の卒業式がありました。私も坪内学園グループの相談役として出席し祝辞を述べました。いま非常に厳しい時にもかかわらず卒業生全員就職が決まり、はつらつとした人生の出発でした。これは坪内学園グループの社会的信用のたまものであり、坪内考満学園長の長きにわたる努力の結果と思います。卒業生の皆さんは皆自動車関係の技術者です。これからいろいろ技術者としての資格を習得し一人立ちしていかなくてはなりません。一番厳しい社会情勢の中から出発ですので命がけで頑張り、立派な社会人になられるでしょう。大いに期待しています。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

溝口善兵衛島根県知事さんと田勢康弘さんと

溝口知事がワシントンの日本大使館にお勤めになている時、田勢君は日本経済新聞のワシントン支局長でした。ワシントンでお互い交流を深められました。私と溝口さんとは同じ島根出身で親交を深めていました。私と田勢くんは早稲田の雄弁会で同級生でした。この関係からお互い友情を深めてきました。縁は不思議なものです。この間、久しぶりに溝口知事とお会いしました。その時、田勢くんの事と彼が書いた3月9日の日経新聞のコラムが話題となりました。

田勢君は日経のコラムで今や政界はもはやテレビのワイドショーやお笑いの世界に材料を提供する貴重な存在になっている。テレビで顔を売ることに熱心な政治家が増えてきた。顔が売れれば選挙で有利になれると信じている。こういう中から適当に政治家を選ぶのは危険だ。さてこれからどうなる。政治の信頼を取り戻し、国家の意思をきちんと決められるような体制を築くことができる政治家が出れるように資金も選挙運動もすべて私がやりますからと立派な人を口説き、頼み込む。そうして当選する人が5人もいれば、政治は変わると思う。いろいろな指導者論が存在するが結局は西郷隆盛の言葉に尽きると思う。「命もいらず名もいらず官位も金もいらぬ人は始末に困るものなり、この始末に困る人ならでは艱難を共にして、国家の大業は成し得られぬなり」。西郷没して百三十年のいまも、この言葉は生きている。田勢君はいまの政治を戒めていました。

またいつかいい時に三人で集まりたいですね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

(財)日韓・日中新協定対策漁業振興財団評議委員会

私は2年前、日韓・日中新協定対策漁業振興財団の評議委員に就任しました。本日最後の評議委員会が開催されました。日韓漁業協定の締結に伴い韓国漁船との漁場競合の激化、水産資源の悪化等の影響を受ける漁業者の混乱を回避し、漁業経営の安定を図るための努力するのが目的です。同じく日中漁業協定に伴い中国漁船との漁場競合激化、水産資源の悪化等の影響を受ける漁業者等の混乱を回避し、漁業経営の安定を図るため努力するのが目的です。

私は参議院議員の時代、水産部会長をはじめ水産関係の仕事を随分させていただきました。鳥取県の常田先生と一緒に日韓漁業のトラブル解決にあたった事もありました。また日中漁業のトラブル解決のための基金創設のために随分苦労しました。本日評議委員をやめるに際して、いささか感慨深いものがありました。最後に挨拶をするように言われ、山陰沖の漁業者の発展をお祈りしました。

植村全漁連会長をはじめ出席者の皆さんから温かいお見送りをしていただきました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

島根県軟式野球連盟平成21年度定期総会

Look_do1

今日は出雲ドーム健康センターで島根県軟式野球連盟の21年度の定期総会が開催されました。平成20年度の事業報告、決算報告、平成21年度の事業報告、予算案がそれぞれ承認されました。

今年は役員改選がありましたが、私はもう一期会長をやることになりました。副会長に岡崎純二さん、岸政友さん、今岡一朗さん、中村晴洋さんが就任されました。理事長に岸正紀さんが就任されました。

これまで副会長の大河正夫さん、浅田覚さんが御勇退されました。長きにわたるご活躍に心から感謝いたします。

優良団体表彰が次の三団体に贈られました。

松江市部  乃木ライオンズ

出雲支部  中筋グループ

江津支部  江津高角フェニックススポーツ少年団

おめでとうございます。

平成25年に天皇賜杯第68回全日本軟式野球大会が島根県で行われますがその準備に今年から取りかからなくてはなりません。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

白洲次郎氏の思いを弾き語りで演出 浜田真理子さん(前にも紹介)

Photo

白洲次郎さんの物語がNHKでドラマ化されました。

最近白洲次郎氏の書物が本屋にあふれています。戦後、吉田茂氏に請われ、連合国軍総司令部GHQとの交渉に当たり、敗戦から激動の時代を支えた人物、白洲正子さんのご主人です。NHKでドラマ化されました。その中で松江在住の浜田真理子さんがイタリア民謡「しゃれこうべと大砲」を挿入歌として切々と歌っています。戦後の時代を物悲しさの漂う雰囲気で表現しています。

『白洲は一時、鶴川の武相荘にすみ、百姓として生きる。次郎と正子と子供たちが描かれた絵。』

浜田真理子さんはこれからもっともっと全国的に注目されると思います。NHKの紅白に出演されるでしょう。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

南の花嫁さん

Img_1700 Img_1731 Img_1780 Img_1781 

南の島は早春とはいえさまざまな花が咲き乱れています。

きれいな花でもご覧になって今の政界経済界の鬱陶しさをしばし忘れましょう。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

春の冬景色

Img_1815 Img_1818

今日、東京から帰る飛行機の中から見た雪でおおわれた富士山と大山の雄姿です。まだまだ春は遠いです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

平成研究会政経セミナー

Img_1813

都内のホテルで平成研究会の政経セミナーが盛大に開かれました。私も招待を受けて出席いたしました。以前お世話役や司会をさせていただいたこともあり懐かしく思いました。衆参の国会議員の先生方がたくさん握手をし、話しかけて頂き感激いたしました。ちょうど第二次補正予算が可決した後でもあり、皆さん高揚していました。島根県からもたくさん出席されていました。皆さん景気の回復を待ち望んでいらっしゃいます。

会場で久しぶりにスウエーデン人の友人、欧州ビジネス協会のエドバーグ・ヤコブさんにお会いし、肝胆相照らしてお話しいたしました。私が外人と話をしているので、私が英語がペラペラかと思われる人もいましたが、そうではなくて、実はヤコブさんは日本語がペラペラでした。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

未知の島 八重山諸島を訪れて

Img_1742 Img_1755 

Img_1778 Img_1782

日本の最南端八重山諸島の石垣島、竹富島、西表島、由布島、宮古島、池間島、来間島、伊良部島、下地島を訪れました。どの島にいってもたくさんの人が訪れているのには驚きました。各島とも観光に力を注ぎ、サトウキビやもずく栽培等の農水産業振興を図っています。若い人が第一線で働いているのが目立ちました。沖縄県は日本に復帰して以来人口が増加しています。何と言っても環境を守り、自然を大切にしていることには感動しました。例えば竹富島は昔のままの街並みを保存し、地道であり、水牛車で街を案内してくれます。水牛ですから糞尿の問題がありますが、案内する人がそのつど必ず水牛車を止めて、道に残らないようにきれいに掃除をします。西表島は東洋のアマゾンといわれ90%が亜熱帯の原生林でおおわれています。マングローブの林が世界でも有数といわれるほどの規模で保存されています。イリオモテヤマネコをはじめ貴重な動植物が数多く生息しています。島々の周りはサンゴ礁に囲まれ、海はどこまでも透明であり、グラスボートで海の中をのぞけばさまざまな種類のサンゴが見られ色とりどりの魚が蝶のごとく泳ぎまわっています。亀も泳いでいました。けだし竜宮城とはこの光景かと思います。今、環境問題が世界の一番の課題ですが、訪れた島や海は環境保護が徹底してなされていました。水牛車に乗って異国情緒を味わいましたが、水牛には少し酷のように思いました。アユタヤユンタをはじめ蛇味線に合わせた沖縄の数々の歌は旅情をかもし出します。長くなりましたのでこのくらいにします。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

« 2009年2月 | トップページ | 2009年4月 »