« 松江で「水の都プロジェクト協議会」の設立総会が開催されました | トップページ | 節分 いよいよ春です »

ベビー・ニューディ―ル 勝間和代さんの提案 なるほど

山陰中央新報2月2日に勝間和代さんが少子化問題についていいコメントを書いています。

勝間氏は

『オバマ氏はグリーン・ニュ―ディ―ルと呼ばれる環境問題を中心とした経済政策を発表、実行に移しています。日本は環境問題は今後重点を置くべきですが、ぜひ「少子化問題」を解決することを経済面から推進しましょう。これを「ベビー・ニューディ―ル」と名付けています。具体策として、妊婦健診の完全無料化、保育園の待機児童の解消、育児手当の大幅拡充、公共教育の資質増加による少人数学級の実現や高等教育費の引き下げなどを数兆円単位で行っていくのです。

大きな支出に見えますが、実は日本の対GDP比の政府支出は、家族対策支出(約0・75%)や教育支出(約3・4%)と他国に比べて決して多くありません。この二つを現在の合計約5%から高齢者向け支出並の8%へひきあげれば、子供がたくさんうまれ、消費も伸びると思います。』と述べています。

参考になるコメントと思います。

|

« 松江で「水の都プロジェクト協議会」の設立総会が開催されました | トップページ | 節分 いよいよ春です »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/517932/43933147

この記事へのトラックバック一覧です: ベビー・ニューディ―ル 勝間和代さんの提案 なるほど:

« 松江で「水の都プロジェクト協議会」の設立総会が開催されました | トップページ | 節分 いよいよ春です »