« 湖陵町にて  早春の神西湖 | トップページ | 群馬県高碕にお住まいの我が戦友伊藤基隆先生をたずねて »

2月22日 「竹島の日」記念式典

Img_1674 

今日は島根県の[竹島の日」記念式典が松江の県民会館で行われました。私も地元の上代県議のお誘いを受けて参加しました。参議院議員の時代には県内から竹島の領有権確立の要望に上京される方々を国会や外務省、内閣府等に何度もご案内しましたが、いまだ悲願ならずという状況には胸が痛みます。もちろん日韓両国の友好の絆、日本海の安定を保ちつつ、日本の主権はきちんと主張しなくてはなりません。ちょっと暗い写真ですが、知事が挨拶しているところです。コツコツ頑張りましょう。

|

« 湖陵町にて  早春の神西湖 | トップページ | 群馬県高碕にお住まいの我が戦友伊藤基隆先生をたずねて »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

景山先生、日韓両国の友好の絆と仰られますが、
韓国人の異常な国民性やこれまでの韓国の行いを考えれば、
日本が韓国との友好な関係を築いたところで大きな利益は見込めず、
損をするばかりでしょう。
もしも日本の国益を考えるなら、日韓友好など考えず、
適度な距離をおいてほどほどに付き合うのが望ましいのでは?

また、竹島問題は交渉で解決できるとは思えません。
相手は話し合いや日本の常識が通用する相手ではないのですから。
竹島を韓国の不法占拠から開放するためには、
国内外に必要な手回しをし、韓国の軍事力を圧倒できるほど自衛隊を増強し、
(現状でも自衛隊の戦力は韓国を上回っていますが十分とは言えません。)
期を見て経済制裁や海上封鎖をして、韓国が折れるのを待つしかないのでは?

投稿: | 2009年2月26日 (木) 01時30分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/517932/44141295

この記事へのトラックバック一覧です: 2月22日 「竹島の日」記念式典:

« 湖陵町にて  早春の神西湖 | トップページ | 群馬県高碕にお住まいの我が戦友伊藤基隆先生をたずねて »