« 島根県医師会長田代収先生に島根の医療問題についてお伺いしました。 | トップページ | 遠い国 現実の国 »

定額給付金について 厳しい意見あり。

月に一度の経済人と国会議員等の例会が開催されました。話題は今の金融危機の問題でした。アメリカへ良く行く方からはアメリカの状況は本当にひどいものであるという報告がありました。日本の景気対策についていろいろ話し合われましたが、今、話題の定額給付金については経済界側からは相当に厳しい意見が出されました。市町村に最後の措置を丸投げするのは政府の主体性がない、2兆円を使うならもっと景気対策として良い方法があるのではないか、国民の目から見ても相当ブーイングではないか、世論調査はもっと下がるのではないかなど、厳しい意見が出されていました。政府もまだ法案を作成する段階ですから、もっと内容を煮詰める必要ありと感じました。国会議員も選挙が近いですから、相当厳しく受け止めていました。

総選挙は麻生総理の側近といわれる議員から任期満了でも良いのではないかという考えが示されていました。選挙は常在戦場です。大変勉強になりました。

少し国の内外を見てきたいと思いました。

|

« 島根県医師会長田代収先生に島根の医療問題についてお伺いしました。 | トップページ | 遠い国 現実の国 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/517932/43109685

この記事へのトラックバック一覧です: 定額給付金について 厳しい意見あり。:

« 島根県医師会長田代収先生に島根の医療問題についてお伺いしました。 | トップページ | 遠い国 現実の国 »