« 石見国一宮物部神社  | トップページ | 先輩と一緒に暮の博多へ その一 »

「第二回雲南市太鼓フェステバル」 郷土の代表的文化に育ちました

Img_1319 Img_1320 

「第二回雲南市太鼓フェステバル」が盛大に開催されました。私も島根の太鼓の連盟を結成など三十年にわたってお手伝いをしてきましたが、それぞれの地区で立派に活動されているのには感激いたしました。最近では幼稚園、保育所、学校の音楽教育にも取り入れられています。外は雨の降る寒い一日でしたが、会場内は熱気の中で迫力ある熱演が繰り広げられました。

写真は社会福祉法人仁寿会の仁寿太鼓の熱演と友情出演の輪音天咲チームによる、よさこいソーラン節のパフォーマンスです。

|

« 石見国一宮物部神社  | トップページ | 先輩と一緒に暮の博多へ その一 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

 中央新報に太鼓の記事が載っていました。私も一度和太鼓の演奏を聴いてみたいです。先生の記事に刺激され「宮廷画家ゴヤは見た」「おくりびと」を鑑賞しました。予告編でこれは必見と思い「レッドクリフ」(三国志の映画)を早々見に行きました。時間帯の都合で日本語版を見ましたが、スケールが大きくワクワクし通しでした。バックミュージックの太鼓の音が大変勇壮で、素晴らしかったです。先生も早く見に行って下さい。

投稿: かりんとう | 2008年11月26日 (水) 13時49分

この間はありがとうございました。大変良い経験をさせていただきました。今後もよろしくお願いいたします。

投稿: 景山俊太郎 | 2008年11月27日 (木) 12時15分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/517932/43219459

この記事へのトラックバック一覧です: 「第二回雲南市太鼓フェステバル」 郷土の代表的文化に育ちました:

« 石見国一宮物部神社  | トップページ | 先輩と一緒に暮の博多へ その一 »