« 参議院議員山田俊男氏奮戦記ー日本の農業と農民のために | トップページ | 松江のフォーゲルパークを訪れて »

華国鋒元中国国家主席の死

中国三千年の悲願ともいうべきオリンピックが行われている八月二十日元中国国家主席華国鋒氏がお亡くなりになりました。鄧小平氏との凄まじい権力闘争に敗れて以来ほとんど名前を聞くことの無かった人物です。

私は昭和五十四年に初めて中国を訪問しました。当時中国は日本との国交が回復がなされて間もなくであり、中ソ論争が激しく行われ、ソ連が技術者すべてを引き揚げた時でありました。また四人組みが追放されたとはいえ文革の影響冷めやらぬ時でありました。今年は四川省で地震があり日本からも援助隊が行きましたが当時も唐山市で地震があり被害が北京にまで及んでいました。しかも反日感情も相当なものがあるにもかかわらず日本人を「ニーハオ ニーハオ」と言って迎えてくれました。北京、南京、揚州、上海と訪れました。

その時の国家主席が華国鋒氏でした。その時代中国は政府の要人には名前の頭に必ず冠をつけて呼んでいました。華国鋒氏の場合は「英明なる」と周恩来氏の場合は「聡明なる」と必ずつけなくてはなりませんでした。

当時中国は本当にこれからという時代でしたが三十年たった今日オリンピックが行われ世界中の人たちが訪れるなどとは想像もできませんでした。

日本と中国は一衣帯水の国でありこれからも互恵の精神で友好親善が深まることを祈りたいと思います。

オリンピックが行われているのを見ながら華国鋒氏の時代を思い出しました。

|

« 参議院議員山田俊男氏奮戦記ー日本の農業と農民のために | トップページ | 松江のフォーゲルパークを訪れて »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/517932/42254266

この記事へのトラックバック一覧です: 華国鋒元中国国家主席の死:

« 参議院議員山田俊男氏奮戦記ー日本の農業と農民のために | トップページ | 松江のフォーゲルパークを訪れて »