« 和田アキ子さん松江13年ぶり登場 | トップページ | 財団法人日韓 ・日中新協定対策漁業振興財団 »

劇団あしぶえの「セロ弾きのゴーシュ」

Img_0079_2 Img_0078_2 

club皆さん劇団あしぶえをご存知ですかpaper1966年園山土筆さんが5人の若者と一緒に活動したのが始まりです。去年の秋は3年に1度開催される世界的アマチュア演劇祭も3回目を迎え今や世界的といってもよいと思います。その年は早稲田小劇場が設立された年です。eye7月13日あしぶえが18年間国内外で124ステージ公演され完成版ともいえる「セロ弾きのゴーシュ」を鑑賞に行きました。fuji演出の園山土筆さんも、「日本中のどの劇団の「ゴーシュ」にも負けないはず」というほどの仕上がりです。2万5千人突破するほどの人がこれまでに鑑賞していますnotes。私だけではなく周りにいる人全部が感動の渦の中にありました。dog宮澤賢治が100年以上前に書いた本が現代に「賢治の心」として生き生きとしているのではありませんかnote。毎晩やってくる動物たちの登場はまたその順番にはどんな意味があるのか。後で土筆さんのお話を聞きながらその奥の深さにおどろきました。皆さん方も1度ごらんになってください。感動しますよ。団あしぶえを応援してくださいevent

|

« 和田アキ子さん松江13年ぶり登場 | トップページ | 財団法人日韓 ・日中新協定対策漁業振興財団 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/517932/41846032

この記事へのトラックバック一覧です: 劇団あしぶえの「セロ弾きのゴーシュ」:

« 和田アキ子さん松江13年ぶり登場 | トップページ | 財団法人日韓 ・日中新協定対策漁業振興財団 »