« 島根大学で財政学の勉強 | トップページ | ベイジン »

日本の農業の再生を!

Img_0032

このような茅葺き屋根の家は今ほとんど見なくなりました。農業とそれを取り巻く農村地帯は大きく変貌してきています。サミットも終わりました。地球温暖化、サブプライムに起因する世界経済の問題、食糧の問題、油高騰による資源エネルギーの問題など地球的課題ばかりでした。福田総理は一生懸命努力されていました。福田総理の真摯な態度をG8の首脳をはじめ多くの首脳がきちんと受け止めてくれたのでしょうか。お互いのメンツを保つだけなら困ったものです。単に各国首脳が夏休み気分ならもっと困ったことですね。

1961年には日本の食糧の自給率は78%に対しドイツ67%、イギリス42%でしたが2006年にはわが国では39%、ドイツ84%、イギリス70%、アメリカ、フランスは農産物の純輸出国、我が国は工業産品の輸出国とはいえ農業の衰退はあまりにもひどいではありませんか。我が国の農業が復活し日本の原風景ともいえる農村が生き生きとしなくてはならないともいます。それこそが日本の安全保障でもあり水田の持つ多面的機能をを発揮し環境を守り、災害から人命を守ることになるのです。日本農業の再生を!

|

« 島根大学で財政学の勉強 | トップページ | ベイジン »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/517932/41785239

この記事へのトラックバック一覧です: 日本の農業の再生を!:

« 島根大学で財政学の勉強 | トップページ | ベイジン »