« 財団法人日韓 ・日中新協定対策漁業振興財団 | トップページ | 夏に咲いてる花 »

Apple CEO のSteve Jobs氏のお話

Apple Ceoのステーブ・ジョブス氏の2005年6月12日のStanford大学の卒業生に向けて話した祝辞の一部を紹介します。彼はご存知のようにMacintoshやiPodをつくったひとです。最近ではiPone{ソフトバンクが売りだして有名いになっている}でもおなじみでもある。彼の人生はまさに山あり谷あります。子供のころは養子に出され大学は貧困で中途退学しよりみちをしてマッキントシュ・コンピュウターの設計に役立ったカリグラフィの勉強にげみました。そして20歳の時実家のガレージでアップルをたった2人の会社から10年後従業員4000人以上の20億ドル企業に育てました。その後片腕ともゆベき人に裏切られ取締役会で否決され30歳の若さで会社を追い出されたのです。世の中の人は誰もそのことをしっており、、自分が社会人生命のすべてをかけてきたものがきえたんですから、ズタズタになってしまいました。数か月どうしたらよいのかわからなくなってしまいました。知る人ぞ知る著名な落伍者になって一時はシリコンバレーをはなれようとしました。ところがそうこうするうちに少しずつ彼の中に何かが見え始めてきました。自分がやってきた仕事が好きだったのです。アップルのいざこざはその気持ちをいささかも変えなっかたのです。振られても好きなんです。アップルを首になったことがその後人生最良の出来事だったということがわっかってきたのです。成功者であることの重み、それがビギナーであることの軽さに変わったのです。そして、あらゆる物事に対して前ほど自信が持てなくなった代わりに、自由になれたことで自分の人生で最もクリエイテブな時代の絶好期を迎えることになったのです。つづく5年の間にNEXTという会社をはじめ,ピクサーという会社も作り素晴らしい伴侶も得たのです。ピクサーはやがてコンピューター・アニメーションによる世界初の映画「トイ・ストリー]を創り今では世界で最も成功しているアニメーション・スタジオです。思いがけないことにNEXTはアップルが買収し、彼はアップルに復帰したのです。NEXTで開発した技術は現在アップルが進める企業再生の努力の中心であります。アップルを首にならなければこうしたことは何もおこらなかった。それはひどい味の薬だと思います。でも患者にはそれが必要な時もあるんです。人生には時にはレンガで頭をぶん殴られるようなひどいことも起こるんです。だけど、信念を放り投げてはいけない彼がやれたのはただ一つ、自分がやっている仕事が好きだという気持ちがあったからです。人生において仕事が大きなパート占めていくでしょうが自分が本当に心の底から満足を得たいのなら進む道はただ一つ、自分が素晴らしいと信じる仕事をやるしかないのです。まだ見つかっていなければ探し続けねばならない。落ち着いてしまってはダメです。その後ステーブ・ジョブスはすい臓がんにも打ち勝ち今日頑張っているのです。

|

« 財団法人日韓 ・日中新協定対策漁業振興財団 | トップページ | 夏に咲いてる花 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/517932/41890281

この記事へのトラックバック一覧です: Apple CEO のSteve Jobs氏のお話:

« 財団法人日韓 ・日中新協定対策漁業振興財団 | トップページ | 夏に咲いてる花 »